ビジネスコーディネーションサポート

ビジネスコーディネーションサポートは、中小企業の社内外のコミュニケーションを助け、もっとクリエーティブなビジネスを期待できるように後押しする経営の後押しです。

 

社内ビジネスコーディネーション

経済が安定的な時代では、大企業だけでなく、中小企業も、会社を職制別のヒエラルキー型組織として捉え、これまでの業務をより効率的にすることだけに集中することができます。一方、不確実性が増す時代では、マーケティングを中心として経営資源の最適化するためのネットワーク型の組織が必要となります。

 

・・・というようなことが言われて久しくなります。

 

会社組織の見方

危機感を持ち、成長意欲の高い中小企業の経営者は、その通りだと考え、組織を書き直したり、お客さんの声をもっと大切にしようと社員の理解を深めようとする方が少なくないと思います。そうすることで、経営者も社員も変わり、今まで通り、これまで以上の成果を得られれば言うことなし!ということですが、そうしても、期待される変化や成果の向上が感じられないという中小企業経営者の方に、変わるための具体的な方法をお伝えします。

 

習慣を変えるために行動を変える

これまでずっとしてきた・・・ということは、今していることは習慣化していて、慣れ親しんだ一番楽な方法になっているということになります。習慣を変えると考えると抵抗感が先立ちますが、習慣の全てを変えようとせず、小さな、簡単にできる行動から変え、継続することで、新しい習慣を身につけられるようにすることが、分かりやすい、取りかかり易い方法になります。

 

そのために、ビジネス=業務の中身をプロセスや要素に分解して捉えてみます。例えば、営業という職種がどの会社にもあると思いますが、自社の営業とは何を、どのように、いつ、何をすることを言っているのかというように、5W1Hなどで考えてみます。仮に、下図のように営業プロセスと業務や必要なものが考えられるとします。

 

これらを全てをすることが、売上アップに繋がってきますが、「売上を上げろ!」とは、今、どの部分をどのようにすることを指すのかを具体的に話し合います。ひとつだけということはないでしょうが、一遍にできることには限りがあります。まず、どの部分とどの部分を、どのような期待される姿に持っていくのかを、実務まで掘り下げて話しあってみます。

 

営業のベテランと営業新米とでは、当然、技能差がありますが、その技能とはどの部分がどのように異なるのか、同じレベルであるべきことがあるのか、営業以外の部門でも協働できることがあるのか、あるいは、他の部門の仕事が営業の中にも組み込めるのかなどを相談してみることです。

 

そして、今はどう行動するのかをお互いの共感を元に決定し、実行することになります。もし、これらも既になしているにも関わらず、行動の徹底ができていないなら、相談の方法、話し合う時の環境などを変化すべきなのかを調べることになります。

 

行動を変えるために考えを変える

利益管理、採算意識を簡単に持てるようになるおカネのブロックパズル

マネーブロック

できる小さい行動を変えていくことで習慣を変えることができます。できることから行動を変えるというように、考えが変わることや考えるというそのものが行動を変えるためのの基点になります。

 

経営者と社員それぞれの考えの違いというものを例に挙げると、その人の立場や現在の考え方を良く浮き彫りにしてくれるでしょう。キャッシュフロー経営で利用するマネーブロックで、あなたはどの部分のために働いていますか? どの要素をどのように変えようとしているのですか?と聞いてみることです。

 

粗利益率、変動費率、固定比率、労働分配率、利益率は誰が、どのように決めているのかを確認すれば、自律的に活動しているのか、つまり、「考える」ということをしているのかどうかが自然に分かってきます。

 

 

 

 社外コーディネーション

マーケティングは、自社の商品・サービスを、社外のお客さんに知ってもらい、お客さんに価値があることを理解してもらい、利用してもらうことで対価を得るという活動全てを指しています。それは、経営そのものと捉えてみるのも、新しい気づきを得るきっかけとなることがあります。

 

マーケティングは、お客さんとのコミュニケーションによって開始され、運用することになります。コミュニケーションは、お客さんの理解できる言葉を利用することで成り立つものです。日本語で話しかけるということは、日本語を理解できるお客さんがいるからですが、会社の商品・サービスの中には、日本語を話す人だけでなく、他の外国語を話す人々にも、十二分に価値を認めてもらえるものがあります。

 

輸出入には気をつけなければならない、国内取引とは少し異なる部分があり、販売先国の当該法規などに注意しなければなりませんが、商売は、マーケティングによって、売手や買手が存在するのかどうか、支払や流通を合意した通りにしてくれるかなどの点で基本的に共通しています。

 

コミュニケーションの方法を変えるだけで、これまで知らなかったお客さんと出会う機会が増えるというのは、決して、大きくて特別な会社だけの事情ではありません。

 

Offer from Japanese Small and Medium Enterprises

K2 International Co., Ltd. provides the business coordination support for the small and medium enterprises in Japan and Indonesia as a "Pilot". The SME of Japan are seeking connection with foreign countries. K2 International supports them as a promoter and/or a coordinator.

 

Usulan teknologi pengering beku dan mesin

Pemasok adalah EBERSBERG Co. Ltd. (Jepang), pak. Tadao Azuma, Perwakilan.

Sistem Pengeringan Beku

 

 

Blok Kering Beku

 

 

Miso Sup Rasa Yuzu

 

Pelatihan dan teknis pada pembangunan pabrik, fasilitas, peralatan, dll. untuk Pelatihan dan teknis pada pembangunan pabrik, fasilitas, peralatan, dll.

 

  Pengeringan Beku

 

 

Usulan teknologi Gas Glass Primer dan mesin


Pemasok adalah GLOBAL SUZUKI Co., Ltd. (Jepang).


GAS Glass Primer X


Scroll to top