キャッシュフロー経営サポート

キャッシュフロー経営

キャッシュフロー経営とは、報告のための財務会計だけでなく、自社独自の管理会計を行うことで利益管理と資金管理の両方を、キチンとハッキリとさせる経営のことを言います。収入/支出というおカネの出入りは、収益/費用という会計上のプラス・マイナスとは一致しません。そのため、決算書では利益が出ているのにおカネがないということがある訳ですが、そういう不安をなくすために、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表だけを見ていても、どうも良く分からないということはありませんか?

 

会計は財務会計だけが本当で、正式なものという訳ではなく、それは制度や法規など決められたルールに従って作られる社外の報告書という性格を持ち、それら、一般の中小企業の不得意な業務をサポートしてもらうために、会計会社や税理士事務所などと顧問契約を持っているはずです。財務会計は会計顧問会社に任せて、自社の経営のために、社内の経営者や社員が分かるしくみで、独自の管理会計を行い、どうも良く分からないというおカネの不安をなくすと同時に、経営活動におカネの裏付けを持てるようになれば、もっと本業に集中できるようになり、本来の望む経営により近い姿を実現できるようになります。

 

管理会計

管理会計は、キャッシュフロー経営を行うための具体的なしくみや道具となる会計です。経営の本当の利益を理解する利益管理とおカネが上手く回るかを予測する資金管理を行うためのしくみなので、そのまま経営を行うための社内の会計ということができます。管理会計のことを英語ではManagement Accountingと言うことを思うと、そのまま直訳して経営会計と言った方が、むしろ、良くその性格を言い表していると感じます。

 

貨幣経済の世の中では、ほとんどのモノや活動をおカネという単位で理解する必要がありますが、おカネの有り様と出入りを記録し、計算する方法は、複式簿記を基礎とします。財務会計も管理会計も、会計という考え方は、簿記を基礎として、社外報告や法規・制度のための財務会計と、自分や自社の経営に活用するための管理会計とに分けられます。目的が異なるということですが、これに時間という軸を加えて、少し違う見方をすると下図のように、財務会計は、過去から現在に至るまでの姿を、決められたルールに従って報告することを意味し、管理会計は、過去、現在の姿から、ありたい未来の姿への道筋を見いだす工夫を意味していると捉えることができます。

 

財務会計と管理会計の対象とする時間軸

 

財務会計を未来予測に利用するということも可能ですが、そのためには、総資本回転率、売上高販売管理費比率、労働制生産率、流動費などに関する財務会計としての知識を共有する必要があり、会計会社でもない限り、それらの習得を一般中小企業の社員や経営者には負担が大きく、実効的ではありません。会計専門用語は最低限にして、日頃の実務で使われ、共通意識を持てる言葉を使いながら、生の業務をおカネの単位で表現する。その内容をそのまま行動の指標、評価に使えるようにする管理会計の方が明らかに使いやすい考え方となります。

 

利益管理=採算意識

利益とは、収益から費用を差引いた金額を指します。利益管理は、採算意識の徹底と言い換えることもできると思いますが、この「利益=収益-費用」という方程式をもっとクリエイティブに捉える、分かりやすい方法があります。

おカネのブロックパズル

規模や業態に関わらず、どの企業も下図のようなおカネのブロックパズルで説明できる構造を持っています。(「おカネのブロックパズル」:社団法人キャッシュフロー協会理事長、和仁達也先生の言葉)

利益管理、採算意識を簡単に持てるようになるおカネのブロックパズル

採算、利益管理などの言葉から、数字や方程式に苦手意識を持つ人でも、この図のように、全体の構造をイメージ化すると、難しく聞こえる会計の理屈でも、もっと身近なものとして分かりやすく捉えることができます。

 

例えば、経営者が日頃持つ課題には以下のような質問がありますが、会社全体の数字で考えることに慣れていない人は慌てて誤解することが多くあります。

 

「売上100、粗利益率50%、利益10の会社が、同じ商品で、売上を10%アップさせたら、利益はいくらになって、何%アップか?」

慣れていないと、文字、数字、記号だけで頭の中で計算しようとすると、とても混乱しますが、図のようなイメージを持ちながら、それぞれの要素の数字を求めれば、誰でも簡単に回答を求めることができます。管理会計は、経営や業務に使うための会計です。社内だけのものであるということは、社員が誰でも分かるようにする必要がある訳ですが、このようにイメージを利用することで、とても身近なものとして捉えることができます。

 

採算意識の共有

このおカネのブロックパズルを用いて採算意識の共有化を計ることができます。貨幣経済の世の中では、おカネの単位で計ると、会社の会計も、個人の家計も同じ構造であることが理解できます。

貨幣経済の世の中では、会計も家計も、おカネの構造は同じように理解できる

おカネのブロックパズルは、会社のおカネの収益費用構造を示すものですが、この構造はそのまま、個人の家計の構造を示していると捉える事ができます。法人の売上は、個人の収入として発生します。その源泉は、法人である会社の固定費の中にある給料金額にあります。

 

こうして、会計と家計を並べて比較することで、構造が同じというだけでなく、利益、貯金など各要素の意味や、採算意識とは何を目的とするものかが、誰にも納得感をもって理解されるようになります。

 

資金管理=収入と支払の意識

変動費・固定費という財務諸表には表れていない要素に分解しなおすことで、経営の本当の利益構造や個別要素の関係を確認することができ、完全な会計専門知識がなくても、個人の生活の延長線で採算意識を高められます。

もう一つの経営の重要な課題は資金管理です。

 

キャッシュフロー経営と管理会計の対象

おカネの増減が最重要課題

私がインドネシアで150人の社員と質疑応答をすることになった時の、ある社員が言った言葉が今でも耳に残っています。

 

「社長!会社にはおカネがイッパイあるはずでしょう!」

 

彼はワーカーでしたので、業務が継続しているという事実と、漏れ聞く会社の損益計算書の利益という項目の数値からそう考えたのかもしれません。しかし、上の表のように、一般損益計算書だけでは、利益構造や資金の増減は見えてきません。

 

上の表は説明のために作ったものですが、関わった海外企業や、これまで縁のあった日本企業のいくつかの実情を、大要として示しています。しかし、恐らく、このような状態は、月単位で見れば、どの会社にも必ず発生することです。重要なことは、財務諸表の数字ではなく、管理会計で真実の姿を知るということ、その状況にどのように対処するか対応策を予めから練ること、できる限り多くの選択肢を用意し、実行することにあります。

 

上表の3種類で言えば、最も重要なのが資金管理、次に、利益管理、そして、損益計算書という順番になります。

 

キャッシュフロー計算書を使わなくても資金管理はできる

管理会計やキャッシュフロー経営という言葉から、キャッシュフロー計算書を利用した経営を想像する人は多いと思います。しかし、キャッシュフロー計算書に拘る必要はありません。資金管理、収入と支出のキャッシュフローが見えるようになるのであれば、自社に最も理解しやすい方法を選ぶべきです。

 

もちろん、キャッシュフロー計算書が合っている場合には、キャッシュフロー計算書であって良い訳ですが、キャッシュフロー計算書や資金繰り表という言葉に捕らわれず、経営者と社員が理解できる分かりやすい独自の一覧表を制作して管理するのが、最も効果的であると感じます。

 

キャッシュフロー経営サポートについて

キャッシュフロー経営とは、会社が最も必要とすることを、自覚をもって、自社独自の会計管理を行うことで、経営者と社員がビジョンを共有し、実現化のために一丸となって日々成長しようとする経営であり、そのためのおカネの面を管理会計によって、収益・費用、そして、収入・支出を見えるようにする経営であることを記してきました。

 

管理会計は自社独自のものであるべきです。そのユニークさは、中小企業の矜持を反映したものであるべきだと信じます。

 

そのアナタの企業独自のものを形作る後押しをするのが、経営プロモティストのキャッシュフロー経営サポートです。どこにいたののか?というだけでなく、これからどこへ向かうのか?と一緒に地図上でルートを探す手伝いとなります。

 

日本の中小企業だけでなく、インドネシアなど海外で奮闘する中小企業経営者の多通貨による管理会計も、積極的に支援しています。月に1~2回のリラックスして話し合う相談の機会を作るだけで、会社全体をおカネの単位で捉え直し、モヤモヤしたおカネの不安を払拭してくれます。

 

Scroll to top